..



 ■HomeJavaScriptサンプル集〔基本編〕−HPアクセサリー(ランダムにメッセージを表示)

JavaScript 無料のフリースクリプト集...

ランダムメッセージ
ランダムにメッセージを表示(占い)

 ページを読み込み時にランダムにメッセージを表示します。メッセージの内容は変えられます。



 HPでの使用方法
<head>〜</head>タグ間と<body>タグの編集

  プログラムを実行するHTMLの<head>〜</head>タグ間に緑字の部分を挿入し、<body>タグに赤字の部分 を挿入してください。
 メッセージを変えるには配列mesを書き変えてください。メッセージの数を変えるには、変数ptの数値を変えてください。ページ読み込み時ではなく、ボタンを押した時やリンクを押した時に表示させる場合には赤字の部分は削除して、<input type="button" valeu="ボタンの名前" onclick='ura()'><a href="javascript:ura()">リンクの文字列</a>などを<body>〜</body>タグ間の任意の位置に挿入してください。

<script language="JavaScript"><!--
function ura()
{
   var pt=5;// メッセージパターンの数
   var mes=["大吉\n今日は絶好調♪","中吉\nいいことあるかも♪","小吉\n小さな幸せ訪れます","末吉\n運気復調の兆し!","凶\n気を取り直して更新しましょう"];// メッセージ
   window.alert(mes[Math.floor(Math.random()*pt)]);
}
// --></script>

<body onLoad="ura()">

<a href="javascript:ura()">リンクの場合</a>
<input type="button" value="ボタンの場合" onclick="ura()">


..


..


..